3Dプリンタで出力した茶杓を漆塗りで仕上げました!

3DCADでモデリングし、3Dプリンタで出力した茶道具のうち、「茶杓」を漆塗りで仕上げていただきました!

今回は茶杓の半分のみを溜塗りという塗り方で仕上げていただきましたが、溜塗りの良い雰囲気が生かされていて、仕上がり部分だけを見ると、漆塗りをしていない部分のような3Dプリンタで出力したモノとは思えないクオリティです^o^)

11163105_419220881573051_8070531779112963830_o.jpg

早速、この茶杓を使って抹茶を点ててみましたが、竹で作られた茶杓と同様に使用することができ、漆塗りにすることで程良い重さとなって、とても使いやすいです。

11070260_419592984869174_2480568221118598015_n.jpg

自分で思い描いたカタチを3DCADでモデリングして3Dプリンタで出力し、仕上げ加工をすることで実際に使うことのできる道具が出来あがる。

こんなアプローチのモノづくり、ぜひ体験してみませんか?

尚、次は抹茶を入れる「なつめ」を黒漆で仕上げていただく予定ですので、お楽しみに!
スポンサーサイト

コメント

非公開コメント