年の瀬に、思うこと・・・

いよいよ今年も、明日で終わりますね。

ワタシ(ちゃてぃ)は今日から年末年始休暇に入りましたが、どこかに出掛けることもなくノンビリと過ごしております。

久しぶりに『TSUTAYA』に行ってCDを借りたり、DVDTVを観たり、、、



そんな中、あるTV番組を観ながら感じたことがありました。

キャンピングカーに乗って全国を移動しながら、メインキャストの人が地元の人と触れ合い、その土地でとれる食材を生産者から直接入手し、ゲスト料理人によってキャンピングカーで料理が作られ、そして生産者の皆さんと一緒にテーブルを囲んで食事をいただく。

そんな番組を観ていて、「あ、これだ」と思いました。

直接的に関係のない人達が食を通じてつながることで、普段は何気なくいただいていた食事に、生産者、料理人など色々な人の思いがあることを知り、それだけで食事を大切に美味しくいただくことができる。

その「つながり」が、の気持ちをやさしくできる。

ワタシ(ちゃてぃ)は日本茶紅茶が好きで、自宅でもいただくし、色々なお店に足を運んでいただくこともあります。

お店では、店主やお客さんと同じ好きなものを囲んで話をすることで、なんとなく「つながり」を感じることができますが、、、

自宅では、自分で日本茶や紅茶を淹れていても、実は日本茶や紅茶を生産する人、運ぶ人、売る人など、色々な人との「つながり」があるんですね。

そう考えると、一人で何かをしても必ずどこかに誰かとの「つながり」があり、その思いを感じることでやさしい気持ちになれます。

そうすれば、日々の生活もきっと潤ってくる。

食事のことだけではなく、すべてのことに当てはまりますね。

「過去」の自分ではなかなかできなかったことですが、「明日」からの自分はきっと。

年の瀬に、そんな気持ちに(今さらながら)させてくれたTV番組でした。



さて、明日は大みそか。

大掃除して、スッキリとした気持ちで新年を迎えないと。
スポンサーサイト

コメント

非公開コメント